「アート」を英語で
いて、して、んでみよう!

Art Allianceは「リベラル・アーツ」の知識と海外で通用する「英語力」の両方を身に付けるための新しいスタイルのスクールです。「西洋美術史」を通して、英語・英会話を学びます。外国人と対等に話し、コミュニケーションが取れる「グローバル・パーソン」を増やすことを目的としております。

Education is not a preparation for life, Education is life itself. (John Dewey)

  • Art Allianceが考える「リベラル・アーツを学ぶ目的」
  • メンタルに効く西洋美術
  • 英語でアート!

最新情報What's New

  • 【お知らせ】
    新型コロナウィルス感染拡大防止のため、スクールでの講座は当分の間お休みとさせていただきます。

    代わりにオンラインのセッションをお勧めいたします。
    新型コロナウィルス感染拡大防止のため、スクールでの講座は当分の間お休みとさせていただきます。代わりにオンラインのセッションをお勧めいたします。
  • 【開催日】2020年4月14日(火)/ 21日(火)
    アーティスト&アート・ファンのための
    「英語対話型鑑賞」コース <中止>
    【アーティスト&アート・ファンのための「英語対話型鑑賞」コース】

    イベントの詳細はこちら

    【開催日】2020年4月14日(火)19:10~21:00
    2020年4月21日(火)19:10~21:00

    【アーティスト&アート・ファンのための「英語対話型鑑賞」コース】

    <<新型コロナウィルス感染拡大防止のため、スクールでの講座は当分の間お休みとさせていただきます。申し訳ございません。代わりにオンラインのセッションをお勧めいたします。下記中止となります。>>

    各クラス、作品を2~3ピックアップして(現代のもの1点、そして古典~近代的な絵画を1点)、それについてディスカッションします。アート英語「表現力、観察力、洞察力、発想力」が同時に磨かれる講座。英語で対話型にすることによって、美術用語の語彙やフレーズ習得にも役に立つはず。「作品を作る側」、「作品を観る側」双方にとって学びになることを目標とします。

    【日付】 2020年4月14日(火)/ 4月21日(火)
    【時間】 19:10~21:00
    【会場】 外苑前 Cross Coop 9階小会議室map
    (メトロ外苑前駅3番出口より徒歩2分)
    【会費】 会員:11,000円(@5,000円+消費税)(事前振込)
    ビジター・一般:11,660円(@5,300円+消費税)(事前振込)
    【お申込み方法】 お申し込み・お問い合わせはこちら
    お名前フルネーム、ご職業、携帯電話番号と(PCと携帯の)メールアドレスをご明記下さい。
    • ※キャンセルポリシー:お振込後、払い戻し出来かねますことご了承下さいませ。
    • ※講座は英語で行われます。


    • *宮本由紀プロフィール:
      「英語でアート」(西洋美術史、美術英語)講師、エデュケーター。女子美術大学・大学院非常勤講師。女子美術大学付属高等学校中学校の"英語でアート"カリキュラム導入コンサルタント。ヒューストン大学美術史学科卒(学士号)、セント・トーマス大学大学院リベラルアーツ(美術史)科卒(修士号)。日米アーティストのエージェントも務め、国内外で展覧会を企画。共著に「英語でアート!」(マール社)
    close
  • 【予約受付中】2020年9月スタート
    <プライベート・オンライン・クラス>★リベラルアーツを英語で学ぶ~「聖書のしくみと宗教画のいろは」~The Bible & How to Look at Religious Paintings~
    プライベート・オンライン・クラス「聖書のしくみと宗教画のいろは」

    イベントの詳細はこちら

    【予約受付中】2020年9月スタート

    <プライベート・オンライン・クラス>★リベラルアーツを英語で学ぶ
    ~「聖書のしくみと宗教画のいろは」~The Bible & How to Look at Religious Paintings~

    “西洋美術史を「英語」で学ぶことによって、「世界」が見えてくる” 西洋美術の基本の“キ”であります、「宗教画」のいろはを取り上げ、キリスト教絵画の“見方”につながるヒントを伝授いたします。海外の美術館へ行っても、ついつい宗教画のコーナーはスルーしてしまうという方!ビジネスパーソンで“やっぱりキリスト教(ユダヤ教)のいろは位は知っておきたい、という方にお勧めします。マンツーマンですので、質問し放題!(2020年9月1日以降の日程でお願いします)

    ■「聖書のしくみと宗教画のいろは」で取り上げること:

    *【旧約聖書】 聖書(旧約、新約)のしくみ。旧約聖書“モーセの五書”よりいくつかのストーリーと絵画をピックアップ。(旧約聖書はユダヤ教の正典でもあります)

    *【新約聖書】 新約聖書の福音書「キリストの生涯」より主要ストーリーと絵画をピックアップ、解説します。

    ■こんな方におススメ:

    *アートを通して、歴史、宗教、カルチャー、政治、哲学など西洋思想について幅広く学びたい方。

    *グローバルな視点で物事を考える習慣をつけたい方。ビジネス・パーソンにもお勧め!

    *一般教養(リベラルアーツ力)を身につけたい方。

    *海外での美術館めぐり、美術館ガイドツアーをより楽しみたい。

    *好きなことを通して英語を勉強したい、視野を広めたい。

    【受講費】

    *1回のセッション(60分)=13,200円(@12,000円+消費税)x 6セッション=79,200円(税込)
    おススメ回数は6回。(旧約3回、新約3回)(レクチャー形式、対話型形式、ご相談下さい)
    とにかく時短で!という方は合計4回でも結構です。

    *資料代は別途(旧約1,100円+新約1,100円=2,200円)かかります。

    *資料郵送代(レターパック370円x2回=740円)

    <<6回コースの場合、79,200円+2,200円+740円=合計82,140円>>

    【注意事項】

    *資料のメール添付はできません。郵送のみ。オンライン時の録画・録音はご遠慮下さい。(録音は許可する場合もありますので、ご相談下さい)

    *海外在住者はPaypalでお支払いただいても結構です。

    *内容や英語レベルについて事前カウンセリングが必要な場合は、ご連絡下さい。

    【キャンセルポリシー】

    *講師とのレッスン日時予約後、キャンセル・日時変更は「前日の18時まで」にお願いします。18時過ぎた場合には、1回分としてカウントされる場合がありますのでご注意下さい。

    *お振込み後のコースキャンセルは、キャンセル料として、クラス1回分(13,200円)差し引いた金額を返金いたします。資料郵送後のキャンセルはコース前半部代金+資料代+郵送料の合計を差し引いた金額を返金いたします。

    【日時について】

    (2020年9月1日以降の日程でお願いします)希望の「曜日とお時間帯」(例:火曜日の夜間、土曜日の午後など)候補をいくつかあげていただけますでしょうか。

    【ご予約・お問合せ】

    お申し込み・お問い合わせはこちら
    お名前フルネーム、ご職業、携帯電話番号と(PCと携帯の)メールアドレスをご明記下さい。

    【Zoomアカウント開設(無料)】

    受講するには、Zoomアカウントが必要です。無料開設できますhttps://zoom.us/

    • *宮本由紀プロフィール:
      「英語でアート」(西洋美術史、美術英語)講師、アート・エデュケーター。女子美術大学非常勤講師。女子美術大学付属高等学校中学校の“美術英語”カリキュラム導入コンサルタント。ヒューストン大学美術史学科卒(学士号)、セント・トーマス大学大学院リベラルアーツ(美術史)科卒(修士号)、ヒューストン美術館ヨーロッパ美術部門インターンシップを経て、同美術館リサーチライブラリー勤務。日米アーティストのエージェント/メディエーターも務め、国内外で展覧会を企画。共著に「英語でアート!」(マール社)。「メンタルに効く西洋美術」(マール社)は2020年8月下旬発売。
    close New
  • 【予約受付中】2020年9月スタート
    <プライベート・オンライン・クラス>★リベラルアーツを英語で学ぶ~「はじめての“英語で西洋美術史”」イントロ講座~Art Appreciation~
    プライベート・オンライン・クラス「はじめての“英語で西洋美術史”」

    イベントの詳細はこちら

    【予約受付中】2020年9月スタート

    <プライベート・オンライン・クラス>★リベラルアーツを英語で学ぶ
    ~「はじめての“英語で西洋美術史”」イントロ講座~Art Appreciation~

    “西洋美術史を「英語」で学ぶことによって、「世界」が見えてくる” このイントロダクション講座では、宗教画、神話画、歴史画、風景画から肖像画まで幅広く取り上げ、それぞれの見方のヒントが得られるよう、半対話式でコミュニケーションを取りながら講座を進めます。マンツーマンですので、質問し放題!(尚、コメントいただく際は、英語でも日本語でもOKとしています)

    ■こんな方におススメ:

    *アートを通して、歴史、宗教、カルチャー、政治、哲学など西洋思想について幅広く学びたい方。

    *グローバルな視点で物事を考える習慣をつけたい方。ビジネス・パーソンにもお勧め!

    *一般教養(リベラルアーツ力)を身につけたい方。

    *海外での美術館めぐり、美術館ガイドツアーをより楽しみたい。

    *好きなことを通して英語を勉強したい、視野を広めたい。
    (このコース受講後に”宗教画のいろは“を勧めます)

    【受講費】

    *1回のセッション(60分)=11,000円(@10,000円+消費税)x 2セッション= 22,000(税込)
    *資料代は別途(1100円税込)かかります。

    *資料郵送代(レターパック370円)

    <<2回コースの場合、22,000円+1,100円+370円=合計23,470円>>

    【注意事項】

    *資料のメール添付はできません。郵送のみ。オンライン時の録画・録音はご遠慮下さい。(録音は許可する場合もありますので、ご相談下さい)

    *海外在住者はPaypalでお支払いただいても結構です。

    【キャンセルポリシー】

    *講師とのレッスン日時予約後、キャンセル・日時変更は「前日の18時まで」にお願いします。18時過ぎた場合には、1回分としてカウントされる場合がありますのでご注意下さい。

    *お振込み後のコースキャンセルは、キャンセル料として、クラス1回分(11,000円)差し引いた金額を返金いたします。資料郵送後のキャンセルはクラス1回分+資料代+郵送料の合計を差し引いた金額を返金いたします。

    【日時について】

    (2020年9月1日以降の日程でお願いします)希望の「曜日とお時間帯」(例:火曜日の夜間、土曜日の午後など)候補をいくつかあげていただけますでしょうか。

    【ご予約・お問合せ】

    お申し込み・お問い合わせはこちら
    お名前フルネーム、ご職業、携帯電話番号と(PCと携帯の)メールアドレスをご明記下さい。

    【Zoomアカウント開設(無料)】

    受講するには、Zoomアカウントが必要です。無料開設できますhttps://zoom.us/

    • *宮本由紀プロフィール:
      「英語でアート」(西洋美術史、美術英語)講師、アート・エデュケーター。女子美術大学非常勤講師。女子美術大学付属高等学校中学校の“美術英語”カリキュラム導入コンサルタント。ヒューストン大学美術史学科卒(学士号)、セント・トーマス大学大学院リベラルアーツ(美術史)科卒(修士号)、ヒューストン美術館ヨーロッパ美術部門インターンシップを経て、同美術館リサーチライブラリー勤務。日米アーティストのエージェント/メディエーターも務め、国内外で展覧会を企画。共著に「英語でアート!」(マール社)。「メンタルに効く西洋美術」(マール社)は2020年8月下旬発売。
    close New
  • 【開催日】2020年8月9日(オンライン開催)
    <オンライン・アート・ヒストリー☆オムニバス>Impressionism and Photography ~ 印象派とフォトグラフィー
    オンライン・アート・ヒストリー「印象派とフォトグラフィー」

    イベントの詳細はこちら

    【開催日】2020年8月9日(オンライン)

    <オンライン・アート・ヒストリー☆オムニバス>Impressionism and Photography ~ 印象派とフォトグラフィー

    “英語で学ぶ西洋美術史”をオムニバス形式で開催します。第2回目(8/9)は写真作家の糸井潤と宮本由紀が「印象派 x 写真」をテーマに話します。会話クラスではなく、“レクチャー”ですが、質問&コメントコーナーもあります。

    【Impressionism and Photography ~ 印象派とフォトグラフィー】

    Part 1: Gustave Caillebotte and Photography in 19th century Paris (overview)
    「印象派カイユボットと19世紀フォトグラフィー」

    Part 2: An Impressionist and a Photographer; Degas and Cartier-Bresson- their works & techniques
    「印象派画家と写真家 ? ドガとカルティエブレッソンの作品とその技法」

    10:30~11:00 (Part 1) Yuki Miyamoto
    11:00~11:05 Questions and Comments
    11:05~12:05 (Part 2) Jun Itoi
    12:05~12:15 Questions and Comments

    Part 1(第一部): 印象派画家のギュスターヴ・カイユボットの絵画作品を軸に、19世紀フランスの「写真xペインティング」の世界を見てみましょう。

    Part 2(第二部):近代芸術を代表する、印象派画家のエドガー・ドガと、写真家のアンリ・カルティエブレッソン。一見共通性を持たない二人だが、似たような境遇を持ち、僅かながら時代を同じく生きた。そして、構図にこだわった作画法が両者に見られる。ドガが残した貴重な写真作品も紹介し、二人の芸術家が残した作品と、時代背景を読み解いてゆく。

    ■こんな方におススメ:

    *アートを通して、歴史、宗教、カルチャー、政治、哲学など西洋思想について幅広く学びたい方。

    *グローバルな視点で物事を考える習慣をつけたい方。ビジネス・パーソンにもお勧め!

    *一般教養(リベラルアーツ力)を身につけたい方。

    *海外での美術館めぐり、美術館ガイドツアーをより楽しみたい。

    *好きなことを通して英語を勉強したい、視野を広めたい。

    【日時】

    *2020年8月9日(日) 10:30 am- 12:15, Japan
    (Houston US Central time 8/8 8:30-10:15 pm)

    【参加費】

    3,300円(税込)お振込み後にZoomのIDをお送りします。
    Will send you ID when payment is confirmed.

    【振込先】

    みずほ銀行 (詳細お送りします)(事前振込制)
    ドル支払いの方はPaypalで。お問合せ下さい。
    Please Paypal if you live in the US

    【キャンセルポリシー】

    お振込後のキャンセルは払い戻し出来かねますことご了承下さいませ。
    Non-refundable.

    【ご予約・お問合せ】

    お申し込み・お問い合わせはこちら
    お名前フルネーム、ご職業、携帯電話番号と(PCと携帯の)メールアドレスをご明記下さい。

    【Zoomアカウント開設(無料)】

    受講するには、Zoomアカウントが必要です。無料開設できますhttps://zoom.us/
    (レクチャーは英語ですが、質問・コメントは英語/日本語どちらでも結構です)
    (Lecture is in English. Q&A in English/Japanese)

    <講座登場人物>

    *Edgar Degas (1834/7/19 - 1917/9/27)
    パリの裕福な家庭(銀行家) に生まれる。青年期より画家を目指す。印象派の一員とされ、室内で描かれたバレリーナや娼婦、屋外では競馬場に集まる人々や、馬を描いたものがある。写真技術に興味を持ち、写真が残されている。塑像作品も少なくない。

    *Henri Cartier-Bresson (1908/8/22 - 2004/8/3)
    フランス北部、裕福な家庭(服飾業) に生まれる。10代で画家志望。20代でマンレイの写真作品にインスパイアされて写真を始める。第二次世界大戦に参加、捕虜となるも脱走しレジスタンス活動に参加した。若い頃から世界を回り、各地で撮影した写真から「決定的瞬間」というテーマを生み出し、当時一般的となった手持ちのカメラでの撮影制作の第一人者のうちのひとり。早くからニューヨーク現代美術館での展示など行い、存命中から評価が高かった。1974年以降は、写真家としての活動を行っていなかった。

    *Gustave Caillebotte (1848/8/19 ? 1894/2/21)
    パリの裕福な家庭(軍服製造業)に生まれる。印象派の画家及びコレクターとして知られていた。困窮するモネやルノワールの作品を買い、経済的に彼らを支援し、印象派展開催に際しても貢献した。写真を思わせる構図でパリの街角を描いた。死後印象派コレクションを国家に遺贈するが、最初は受理されなかった。

    • <講師プロフィール>
    • *糸井潤プロフィール:
      写真作家。1971年、栃木県出身。芸術学校卒業後、シカゴの新聞社等でフォトグラファーとして活動。北テキサス大学院で修士号を取得後、インディアナ大学の客員助教授として教鞭を執り帰国。文化庁研修制度により2009年から、フィンランドのラップランド州にて1年間滞在制作を行う。海外も含めた30以上の展覧会にて作品は発表され、ヒューストン美術館などに作品が収蔵されている。2017年より群馬の山間部に移り住み、林業を生業としながら作品制作を続けている。

      (主な展覧会)「表現の生態系」アーツ前橋、「Domani・明日 展」国立新美術館 、ジョグジャカルタ・ビエンナーレ (インドネシア)、ヒューストン・フォトフェスト2014・招待作家、ヒューストン美術館、ギャラリー・ヒポリテ (ヘルシンキ、フィンランド)、インディアナポリス美術館、ピクチュラ・ギャラリー (インディアナ、アメリカ)、栃木県立美術館、銀座・大阪ニコンサロン、現代ハイツギャラリー、中之条ビエンナーレ、小山市立車屋美術館。→www.junitoi.com

    • *宮本由紀プロフィール:
      「英語でアート」(西洋美術史、美術英語)講師、アート・エデュケーター。女子美術大学非常勤講師。女子美術大学付属高等学校中学校の“美術英語”カリキュラム導入コンサルタント。ヒューストン大学美術史学科卒(学士号)、セント・トーマス大学大学院リベラルアーツ(美術史)科卒(修士号)、ヒューストン美術館ヨーロッパ美術部門インターンシップを経て、同美術館リサーチライブラリー勤務。日米アーティストのエージェント/メディエーターも務め、国内外で展覧会を企画。共著に「英語でアート!」(マール社)。「メンタルに効く西洋美術」(マール社)は2020年8月下旬発売。
    close New
  • 【開催日】2020年7月19日(オンライン開催)
    Kandinsky and Mindfulness☆「カンディンスキーとマインドフルネス」
    Kandinsky and Mindfulness「カンディンスキーとマインドフルネス」

    イベントの詳細はこちら

    【開催日】2020年7月19日(オンライン)

    Kandinsky and Mindfulness☆「カンディンスキーとマインドフルネス」

    “抽象画の父”と呼ばれるカンディンスキーは「音楽」のような力を持つ「絵画」を目指しました。マインドフルネスの実践付き。レクチャーメインのセッションをUS在住の美術とマインドフルネスの講師、レスリーと宮本由紀がコラボでオンライン開催します。参加希望の方は、「7/16までにご予約&お振込み」下さい。会費1,500円/$15。Zoom使用。

    【Kandinsky and Mindfulness】

    【日時】

    *2020年7月19日(日)午前9:30~10:45(日本時間)
    (US Central 7/18 7:30pm -)

    【参加費】

    Zoom session fee: 1500円(税込)(7/16までにお振込みお願いします)

    【キャンセルポリシー】

    お振込後のキャンセルは払い戻し出来かねますことご了承下さいませ。

    【お問合せ】

    お申し込み・お問い合わせはこちら
    お名前フルネーム、ご職業、携帯電話番号と(PCと携帯の)メールアドレスをご明記下さい。

    【Zoomアカウント開設(無料)】

    受講するには、Zoomアカウントが必要です。無料開設できますhttps://zoom.us/

    • *レスリー・クエンカ (Leslie Cuenca) プロフィール:
      Leslie Cuenca has been an art consultant for 15 years. She studied art history under the Masters of Liberal Arts program at the University of St Thomas, Houston and graduated in 2003 with a Liberal Arts Degree. During her last year in college, Leslie studied art history abroad throughout Southern Italy specializing in classical art, architecture and theology. She has over five years experience teaching art and art history to children and adults, including students at Rice University and members of the Japan America Society of Houston.

    • *宮本由紀プロフィール:
      「英語でアート」(西洋美術史、美術英語)講師、アート・エデュケーター。女子美術大学非常勤講師。女子美術大学付属高等学校中学校の“美術英語”カリキュラム導入コンサルタント。ヒューストン大学美術史学科卒(学士号)、セント・トーマス大学大学院リベラルアーツ(美術史)科卒(修士号)、ヒューストン美術館ヨーロッパ美術部門インターンシップを経て、同美術館リサーチライブラリー勤務。日米アーティストのエージェント/メディエーターも務め、国内外で展覧会を企画。共著に「英語でアート!」(マール社)。「メンタルに効く西洋美術」(マール社)は2020年8月下旬発売。
    close New
  • 【“スカイプ” アート英会話】
    スカイプ・セッション 1回60分
    “スカイプ” アート英会話

    イベントの詳細はこちら

    【“スカイプ” アート英会話】

    スカイプ・セッション 1回60分

    海外での活動経験の長い写真作家、糸井潤氏による「アート英語のスカイプ・セッション」です。糸井氏はアメリカの大学での客員助教授のご経験もおありです。スカイプですので、場所問わず!日時も毎回(レッスンは隔週目安)、講師・生徒さん間でお決めいただきます。

    レッスンは、Art Allianceの「アーティストのための英会話」の資料を基に進めます。生徒さんの英語レベルやご要望に合わせて、コースを中心としながらも講師がフレキシブルに対応いたします。アーティスト、写真家、ギャラリー関係者の方々にご受講いただいております。(初回顔合わせのセッション15程度は無料です。自己紹介やご要望など講師にお伝え下さい)

    (すべて生徒に合わせたカスタム内容の場合は、“コーチング”のサイトをご覧下さい。プロフィールのところに表記してあります。)

    ■カリキュラム:

    ★Basic Elements of Art <アートを英語で話すための基礎知識>
    ①線の表現 About “Lines”
    ②形とフォルムの表現 About “Shape and Form”
    ③色の表現 About “Color”

    ★Expressing Art <作品を表現する>
    ④肖像画・風景画を題材に、作品表現の練習 Looking at Portraits, Landscapes
    ⑤ストーリー性のある作品・静物画・装飾美術を題材に、作品表現の練習 Looking at Narrative Art, Still Life, Decorative Art
    ⑥フォトグラフィー・抽象画を題材に、作品表現の練習 Looking at Photography, Abstract Art

    ■受講費: (現在入会金不要)

    *スカイプ・セッション 1回60分=11,000円(@10,000円+消費税)

    (1)60分のセッション11,000円x6回(6時間)=66,000円
    (2)資料代440円x6=2640円(税込)
    (3)資料郵送料レターパック360 円x2=720円
    (資料は前期・後期と2回にわけて郵送します)
     <(1)~(3)合計=69,360円>

    【注意事項】

    • *前期・後期と2回に分けてお支払していただいても結構です。
      →(前期)34,680円 (後期)34,680円
      (講座3回分+資料3回分+郵送1回分=34,680円)
    • *テーマ的には6回分ですが、中身が濃いですので、1回を2セッションに分けることもできます。2回に分けても、60分=11,000円ですので、2倍料金かかります。

    【お申込み方法】

    お申し込み・お問い合わせはこちら
    お名前フルネーム、ご職業、携帯電話番号と(PCと携帯の)メールアドレスをご明記下さい。

    【キャンセルポリシー】

    • *講師とのレッスン日時予約後、キャンセル・日時変更は「前日の18時までにお願いします」それ以降の変更は返金できません。
    • *お振込み後のコースキャンセルは、キャンセル料として、クラス1回分(11,000円)差し引いた金額を返金いたします。
    • *コース初回開催後の返金は出来かねます。


    • ★ 糸井潤 : 写真作家。1971年、栃木県出身。芸術学校卒業後、シカゴの新聞社等でフォトグラファーとして活動。北テキサス大学院で修士号を取得後、インディアナ大学の客員助教授として教鞭を執り帰国。文化庁研修制度により2009年から、フィンランドのラップランド州にて1年間滞在制作を行う。海外も含めた30以上の展覧会にて作品は発表され、ヒューストン美術館などに作品が収蔵されている。人生の3分の1を異国で過ごした経験が、作者の制作の大きな土台となっている。
      (主な展覧会)「Domani・明日 展」国立新美術館 (東京)、ヒューストン・フォトフェスト2014・招待作家、ヒューストン美術館、ギャラリー・ヒポリテ (ヘルシンキ、フィンランド)、インディアナポリス美術館、ピクチュラ・ギャラリー (インディアナ、アメリカ)、栃木県立美術館、銀座・大阪ニコンサロン、現代ハイツギャラリー、中之条ビエンナーレ、小山市立車屋美術館、ギャラリー工房親など。→www.junitoi.com
      *糸井氏による「海外をめざす写真家向けのスカイプ・コーチング」はこちらへ→https://ameblo.jp/yukiart2/entry-12354394868.html

    close New
  • 【お知らせ】
    アート・エデュケーターとしての新しいウェブサイトを
    作りました!
    リベラルアーツ的(横断的に)学ぶ美術教育を
    推進しています。
    アート・エデュケーターとしての新しいウェブサイトを作りました!リベラルアーツ的(横断的に)学ぶ美術教育を推進しています。

    詳細はこちら

    New
  • 【お知らせ】
     2019年4月より女子美術大学で「英語でアート」を教えています
    ~大学へ「美術」x「英語」の出張授業をいたします!~
    2019年4月より女子美術大学で「英語でアート」を教えています。大学へ「美術」x「英語」の出張授業をいたします!】

    イベントの詳細はこちら

    大学へ「美術」x「英語」の出張授業をいたします!

    今年2019年の4月より女子美術大学にて非常勤講師として、5コース担当しています。(大学院は後期より)付属高等学校・中学校で2019年4月より"Art English"「美術」x「英語」に力を入れるということで、それに合わせて大学でも同分野を強化したいと、お手伝いをさせていただくことになりました。
    どの授業も英語での「対話」を重視した独自の内容で進めております。

    ■宮本由紀が担当の「女子美術大学」での授業:

    <大学>
    *芸術英語の基礎
    *海外留学準備コース(杉並キャンパス、相模原キャンパス)
    *英語プレゼンテーション

    <大学院>
    *英語で学ぶリベラルアーツ/西洋美術史

    「美術」x「英語」に関連する授業を取り入れたいとお考えの大学がございましたら、ご連絡下さい。場所や時期によりコース開催か単発になるのかが変わってきますが、可能な限りフレキシブルに対応したいと思っています。ご予算も明記下さい。
    お申し込み・お問い合わせはこちら

    • *宮本由紀プロフィール:
      「英語でアート」(西洋美術史、美術英語)講師、エデュケーター。2019年4月より女子美術大学・大学院非常勤講師。女子美術大学付属高等学校中学校の“英語でアート”カリキュラム導入コンサルタント。ヒューストン大学美術史学科卒(学士号)、セント・トーマス大学大学院リベラルアーツ(美術史)科卒(修士号)、ヒューストン美術館ヨーロッパ美術部門インターンシップを経て、同美術館リサーチライブラリー勤務。日米アーティストのエージェントも務め、国内外で展覧会を企画。共著に「英語でアート!」(マール社)
    close

講座情報Course Information

美術史講座~英語を使ってアートを学ぼう!~

セミナー形式で西洋美術史を英語で学びます。

  • 企業・美大教員向けコース
    企業・美大教員向けコース
    国際化社会に対応する「真のグローバル・パーソン」として活躍する上で、リベラル・アーツを学ぶ事は、最も大切な課題です。
    リベラル・アーツ力と英語力のつくコースをご用意いたしました。 企業・美大教員向けコース詳細へ
  • プライベート向けコース
    プライベート向けコース
    • 宗教画と神話画のいろはコース
    • ルネサンスコース
    • 18世紀美術コース
    • 印象派コース
    プライベート向けコース詳細へ

アーティスト & 美大生のための英会話

「自分の作品を海外に発信したい!」と思われているアーティスト向け実践講座。一般のアート・ファンも受講いただけます。

メディア掲載Publishing

アクセスAccess

株式会社アート・アライアンス
〒107-0061
東京都港区青山2-7-26 Landwork青山ビル 2階
地下鉄銀座線外苑前より徒歩2分