「アート」を英語で
いて、して、んでみよう!

Art Allianceは「リベラル・アーツ」の知識と海外で通用する「英語力」の両方を身に付けるための新しいスタイルのスクールです。「西洋美術史」を通して、英語・英会話を学びます。外国人と対等に話し、コミュニケーションが取れる「グローバル・パーソン」を増やすことを目的としております。

Education is not a preparation for life, Education is life itself. (John Dewey)

  • Art Allianceが考える「リベラル・アーツを学ぶ目的」
英語でアート!

最新情報What's New

  • 【開催日】2019年5月1日(水)
    【第3回 アートのオシゴト座談会】
    ~アート・エデュケーター編~
    【第3回 アートのオシゴト座談会☆アート・エデュケーター編】

    イベントの詳細はこちら

    【開催日】2019年5月1日(水)19:00~

    【第3回 アートのオシゴト座談会】☆アート・エデュケーター編

    皆様、こんにちは!宮本です。第1回目はメディエーターの話、第2回目は幅広いテーマ(講座系、ギャラリー&アーティスト系)で座談会を行いましたが、次回は、アート・エデュケーション(“英語でアート”を中心とした実技以外のアート教育)に絞っての集いを企画いたします。

    この1年間、女子美付属中高校にて美術を英語の授業に取り入れる“カリキュラム改革”のコンサルタントとして、教え方及び教材提供などを英語教師の皆さまに伝授してまいりました。いよいよ今月より中1と高1の授業にて新しい“英語でアート”のプログラムが導入されます。

    すでに英語の知識、あるいは美術の知識のある先生方に一体何を“教える”のかというと、その知識をどう使い、何を追加で学び、ヴィジュアルをベースにどのような質問を生徒にするとよいのかをアドバイスするのがお仕事だと考えておりました。

    次回の座談会は、今後“英語でアート”、及びアート関連の講師になりたい、美術館ガイドになりたい、対話型鑑賞のファシリテーターになりたいという“アート・エデュケーター”を目指す方にお越しいただければ幸いです。基本のキから話しますので、今後美術の知識のアウトプットをしたいという方に参考になると思います。

    エデュケーターの心得的な話から始めます。人に教える時に心がけた方がよいこと、質問の仕方、作品解説の仕方、ディスカッションやプレゼンの仕方など。限られた時間で、全部を詳しく。。は難しいですが、それぞれにおけるキーポイントをお伝えできればと思っています。皆さんからのご質問もお受けしますので、一通り話し終えた段階でQ&Aを受け付けます。ご質問のある方は、開催日の1週間前までにお送りいただけますと助かります。尚、全部のご質問にお答えできない場合もございますことご了承下さいませ。

    この14年間、「仕事は自分で作る」ことを常にモットーとしてきました。私の経験を話すことによって、これから!という皆様のお役に立てれば幸いです。

    *参加費お振込みをもってご予約完了となります。
    *食事代は各自実費で当日お店にお支払いただきます。

    【日付】 2019年5月1日(水)
    【時間】 19:00~(2時間強位、自由解散)
    【会場】 銀座・ギャラリー&カフェArt for Thought (中央区銀座8-10-4和孝銀座8丁目ビル1F)MAP
    【会費】 5,000円(税込)(事前振込)
    飲食代別途実費(カフェメニュー/パスタ、ワインなどあります。)
    【定員】 9名
    【お申込み方法】 お申し込み・お問い合わせはこちら
    お名前フルネーム、ご職業、携帯電話番号と(PCと携帯の)メールアドレスをご明記下さい。
    • ※キャンセルポリシー:お振込後、払い戻し出来かねますことご了承下さいませ。


    • *宮本由紀プロフィール:
      「英語でアート」(西洋美術史、美術英語)講師、エデュケーター。2019年4月より女子美術大学・大学院非常勤講師。女子美術大学付属高等学校中学校の“英語でアート”カリキュラム導入コンサルタント。ヒューストン大学美術史学科卒(学士号)、セント・トーマス大学大学院リベラルアーツ(美術史)科卒(修士号)、ヒューストン美術館ヨーロッパ美術部門インターンシップを経て、同美術館リサーチライブラリー勤務。日米アーティストのエージェントも務め、国内外で展覧会を企画。共著に「英語でアート!」(マール社)
    close New
  • 【開催日】2019年3月11日(月)
    【第2回 アートのオシゴト座談会】
    【第2回 アートのオシゴト座談会】

    イベントの詳細はこちら

    【開催日】2019年3月11日(月)19:00~

    【第2回 アートのオシゴト座談会】

    この13年間、「仕事は自分で作る」ことを常にモットーとしてきました。“英語でアート”の講師業(Art Allianceでの講座やイベント及び、美大やカルチャーセンターでの講座、美術館ツアーやエデュケーター向けのコンサル、本の出版を含む)を中心にしながらも、常に好きな事を追いかけていたら、草の根レベルではありますが、メディエーター/エージェント業、国内外での展覧会企画、海外アートツアーの企画など、「アート」x「英語」にかかわる様々なお仕事に出会うことができました。私が自分の経験を話すことによって、「これからアートx英語とかかわっていきたい」という方への励みになると嬉しいと思って再度開催することにいたしました。(参加者同士のつながりも出来るといいですね^^。)

    2005年にアメリカより帰国後、2012年まではアートとは無縁の会社員をしながら、夜間と週末を使い、「英語でアート」の活動をしていました。2012年に会社を退職し、Art Allianceを起業し、現在も「英語でアート」の活動一本でフリーで働いています。

    今回もお食事をしながらの座談会となります。7名様限定です。皆さんにもご質問していただきながら、&ゴハンを食べながら、楽しく進めたいと思っています。

    また、ご参加希望の方で“これは聞いてみたい”というご質問がございましたら、返信メールに書いていただくか、確定メールを受け取った後にでもお送りいただけますでしょうか。(時間的に全部にお答えできない可能性もありますことご了承下さい)

    *参加費お振込みをもってご予約完了となります。
    *食事代は各自実費で当日お店にお支払いただきます。
    *定員になり次第締め切りとさせていただきます。
    *G-mailの方は、info@artalliance.jp をセーフリストに入れていただけますでしょうか。メールが戻ってくる場合があります。

    【日付】 2019年3月11日(月)
    【時間】 19:00~(2時間強位?)
    【会場】 銀座・ギャラリー&カフェArt for Thought (中央区銀座8-10-4和孝銀座8丁目ビル1F)MAP
    【会費】 3,000円(税込)(事前振込)
    (飲食代は別途かかります)
    【定員】 7名
    【お申込み方法】 お申し込み・お問い合わせはこちら
    お名前フルネーム、ご職業、携帯電話番号と(PCと携帯の)メールアドレスをご明記下さい。
    • (G-mailの方へ返信してもメールが戻ってきます。お問合せの方は、info@artalliance.jp をホワイトリストにお入れ下さい。)


    close
  • 【開催日】2019年3月14日(木)
    【Art Allianceのアメリカ企画第4弾!】
    升方允子ますかた・まさこのヒューストン個展デビュー~
    “英語でアート”レポート会
    【Art Allianceのアメリカ企画第4弾!】~升方允子(ますかた・まさこ)のヒューストン個展デビュー~“英語でアート”レポート会

    イベントの詳細はこちら

    【開催日】2019年3月14日(木)19:00~21:00

    Art Allianceのアメリカ企画第4弾!
    ~升方允子(ますかた・まさこ)のヒューストン個展デビュー~
    “英語でアート”レポート会

    2019年1月19日~2月16日までアメリカ、テキサス州ヒューストンで彫刻家「升方允子」さんの個展を開催いたしました。Art Allianceのアメリカ企画第4弾です!“現地に住んでいないと、なかなか個展はできない”と言われる中で、無事アメリカ・デビューを果たしました。作品も売れ、オープニングもアーティスト・トークもガンバリました!

    3月14日に、升方さんを囲んで、“英語xアート”を軸に個展レポートをしていただきます。(升方さんはArt Allianceの長年の生徒さんでもいらっしゃいます)お食事をしながらの座談会となります。聞き手は今回個展をアレンジし、同行した宮本です。皆さんにもご質問していただきながら、&ゴハンを食べながら、楽しく進めます♪

    <“英語xアート”を軸に話していただきます>

    ●アメリカでの初個展時~「どのような英語力が必要か」
    ●頻繁に使うフレーズや単語って?
    (「英語でアート!」の本のどこが参考になったのか、など)
    ●オープニングの時に一番よく聞かれたことは。
    ●アーティスト・トークで話したこと。
    ●パーティーで気にかけたこと。
    ●普段どのようにして英語の勉強をしているのか。

    <このような方向け>

    ●これから海外で個展、グループ展に参加するかもしれないアーティストの方
    ●これからアートに関わる“海外との懸け橋的な仕事”をしたい方
    ●英語勉強中のアート・ファン、アーティストのサポートをしたい方など

    【日付】 2019年3月14日(木)
    【時間】 19:00~21:00 (その後自由解散)
    【会場】 銀座・ギャラリー&カフェArt for Thought (中央区銀座8-10-4和孝銀座8丁目ビル1F)map
    【会費】 5,400円(事前振込)
    (内訳:3,500円=食事+ワンドリンク/ 1,500円=会費/ 消費税)
    (ドリンクはソフトドリンクかワインを当日お選びください。)
    【定員】 12名
    【お申込み方法】 お申し込み・お問い合わせはこちら
    お名前フルネーム、ご職業、携帯電話番号と(PCと携帯の)メールアドレスをご明記下さい。
    • ※キャンセルポリシー:お振込後、3月7日までキャンセルされた場合は手数料の540円を差し引いた金額を返金いたします。その後は、お料理事前オーダーのため、払い戻し出来かねますことご了承下さいませ。


    • “英語でアート!”の本をお持ちの方はご持参ください。


    • *升方允子プロフィール: https://masakomasukata.jp/
      1979年生まれ。2002年に多摩美術大学工芸学科ガラスコースを卒業。大学でガラス造形を学んだことにより、継続的に扱っている石膏とガラスの組み合わせによる現在のスタイルが確立された。彼女の作品に一貫して見られる、不完全で抽象的な表現は彼女自身の心象風景が織りなす世界観であり、モノトーンを中心としたミニマルな印象を携えた彫刻やレリーフ状の作品を作り続けている。
    close New
  • 【最新掲載日】2018年12月6日(木)
    【アートでビジネス力UP】
    ~「アルク」のウェブマガジン「GOTCHA!」にて連載~ 「アートxビジネス」をテーマとした全4回の連載です。
    【アートでビジネス力UP】「アルク」のウェブマガジン「GOTCHA!」にて連載。「アートxビジネス」をテーマとした全4回の連載です。

    連載の詳細はこちら

    New
  • 【開催日】2018年12月5日(水)
    【はじめての"英語で学ぶ西洋美術史"】
    ~Art Appreciation アートの見方講座~
    <1回完結講座>
    【はじめての“英語で学ぶ西洋美術史”】」~Art Appreciation アートの見方講座~

    イベントの詳細はこちら

    【開催日】2018年12月5日(水)19:10~21:10

    はじめての"英語で学ぶ西洋美術史"
    ~Art Appreciation アートの見方講座~

    西洋美術史を「英語」で学ぶことによって、「世界」が見えてくる。この一回完結型、イントロダクション講座では、宗教画、神話画、歴史画、風景画から肖像画まで幅広く取り上げ、それぞれの見方のヒントが得られるよう、半対話式で参加者の皆様とコミュニケーションを取りながら講座を進めます。(尚、コメントいただく際は、英語でも日本語でもOKとしています)

    西洋美術史は「リベラルアーツ」を学ぶ絶好の切り口。時代を超えて受け継がれてきた芸術文化思想を学ぶことこそが情報過多な現代人に必要なのではないでしょうか。

    「美術史初心者・英語初級者」向けの講座です。

    このような方におススメいたします;

    ●海外での美術館めぐり、美術館ガイドツアーをより楽しみたい。
    ●海外のレセプションなどで話題に困っている。
    ●外国人の友人と美術館やギャラリーめぐりを楽しみたい。
    ●西洋思想のキー・ポイントとなるキリスト教とギリシャ神話を勉強したい。
    ●好きなことを通して英語を勉強したい、視野を広めたい。
    ●一般教養(リベラル・アーツ)を身につけたい方。

    【日付】 2018年12月5日(水)
    【時間】 19:10~21:10
    【会場】 外苑前Crosscoop 2階会議室205号室map
    (メトロ外苑前駅3番出口より徒歩2分)
    【受講費】 7,560円(7,000円+消費税・資料代込)
    (事前振込制)
    【定員】 8名
    【お申込み方法】 お申し込み・お問い合わせはこちら
    お名前フルネーム、ご職業、携帯電話番号と(PCと携帯の)メールアドレスをご明記下さい。
    • ※キャンセルポリシー:お振込み後は払い戻し出来かねますのでご了承下さい。振替はございません。


    • *講師 宮本由紀プロフィール;
      Art Alliance代表。"英語でアート"講師歴13年。アート・エージェント、アート(海外)コーディネーター。 (米国)ヒューストン大学美術史学科卒業(BA in Art History, Summa Cum Laude学士号)、(米国)セント・トーマス大学大学院リベラルアーツ美術史科卒業(MLA in Art History修士号) ヒューストン美術館ヨーロッパ美術部門にてインターンシップを経て、同美術館リサーチライブラリー勤務。ギャラリー勤務も経験。帰国後、2005年に「英語を使ってアートを学ぼう!」を立ち上げる。Wendy Wagner, Mark Williams, Lucinda Cobley他、日本エージェント。日本のアーティストの海外進出支援も行っている。香川県生まれ、サンフランシスコ育ち。「英語でアート!」(マール社)より2018年2月下旬発売(共著本)。
    close New
  • 【開催日】2018年11月4日(日)~と 12月11日(火)~
    <週末&平日昼間開催!>【ルネサンス・コース】~英語で学ぶ西洋美術史~ <途中参加可>
    <週末&平日昼間開催!>【ルネサンス・コース】~英語で学ぶ西洋美術史~

    イベントの詳細はこちら

    (日曜日コース)2018/11/04(日)より~
    (火曜日コース)2018/12/11(火)より~

    英語で学ぶ西洋美術史
    ~ルネサンス・コース(日曜日午後コース/火曜日昼間コース)~

    < 西洋美術史を「英語」で学ぶことによって、「世界」が見えてくる。>

    西洋美術史は「リベラルアーツ」の知識をつけるのに、一番良い切り口。時代を超えて受け継がれてきた芸術や思想を学ぶことこそが情報過多な現代人に必要なのではないでしょうか。不必要な情報に振り回されず、しっかりとした「自分の価値観や軸」を創り上げていくには、古典を取り入れながら、それを現代へとつなげ、今の社会を生き抜く力を養うことが大切なのだと考えています。

    11月&12月より、西洋美術史の基本となります「ルネサンス」の3大巨匠を取り上げます。講義中心ではありますが、毎回ディスカッションのコーナーも設けます。(ディスカッション・テーマは事前にお送りします。当日は英語、日本語、どちらでお答えいただいても結構です)

    英語初級~初中級者、美術史初心者向けの講座です。

    <日曜日コース>

    <前期>
    (1)11月04日 「ダヴィンチ(1)」
    (2)11月25日 「ダヴィンチ(2)」
    (3)12月16日 「ミケランジェロ(彫刻編)」
    (4)2019年01月13日 「ミケランジェロ(壁画編)」

    <後期>
    (5)02月03日 「ラファエロ(イーゼル画編)」
    (6)03月17日 「ラファエロ(壁画編)」02月24日より変更
    (7)04月07日 「ヴェネチア派」 03月17日より変更
    (8)05月19日 「北方ルネサンス」 04月07日より変更

    <火曜日コース>

    <前期>
    (1)12月11日 「ダヴィンチ(1)」
    (2)2019年01月15日 「ダヴィンチ(2)」
    (3)02月05日 「ミケランジェロ(彫刻編)」
    (4)03月19日 「ミケランジェロ(壁画編)」 02月26日より変更

    <後期>
    (5)04月16日 「ラファエロ(イーゼル画編)」 03月19日より変更
    (6)05月07日 「ラファエロ(壁画編)」 04月16日より変更
    (7)06月04日 「ヴェネチア派」 05月07日より変更
    (8)06月25日 「北方ルネサンス」 06月04日より変更

    【日付】 <日曜日コース>
    2018年11月14日(日)
    2018年11月25日(日)
    2018年12月16日(日)
    2019年01月13日(日)
    2019年02月03日(日)
    2019年03月17日(日)02月24日より変更
    2019年04月07日(日)03月17日より変更
    2019年05月19日(日)04月07日より変更

    <火曜日コース>
    2018年12月11日(火)
    2019年01月15日(火)
    2019年02月05日(火)
    2019年03月19日(火)02月26日より変更
    2019年04月16日(火)03月19日より変更
    2019年05月07日(火)04月16日より変更
    2019年06月04日(火)05月07日より変更
    2019年06月25日(火)06月04日より変更
    【時間】 <日曜日コース/火曜日コース>
    13:10~15:30(2時間20分)(途中休憩あり)

    (講義後、時間が余った場合は、海外の美術館ツアーの話や、美術館サイトを使っての英語勉強法などご紹介。)
    【会場】 外苑前Crosscoop 2階会議室205号室map
    (メトロ外苑前駅3番出口より徒歩2分)
    【受講費】 <会員>
    (前期4回) 8,000円x 4 =32,000円(税込、資料代込)(事前振込制)
    (後期4回) 8,000円x 4 =32,000円(税込、資料代込)(事前振込制)
    (単発)9,000円 (税込、資料代込)(事前振込制)

    <初めての方>
    初めての方は入会金5,400円をプラスして下さい

    【定員】 8名(勉強会的な雰囲気で行います)
    【お申込み方法】 お申し込み・お問い合わせはこちら
    お名前フルネーム、ご職業、携帯電話番号と(PCと携帯の)メールアドレスをご明記下さい。
    • ※キャンセルポリシー:お振込み後払い戻し出来かねますのでご了承下さい。振替はございませんが、2019年に同じ講座を開催することがありましたら、ご見学いただいて結構です。今後ウェブでスケジュールをご確認の上、メールにてご予約下さい


    • *講師 宮本由紀プロフィール;
      Art Alliance代表。"英語でアート"講師歴13年。アート・エージェント、アート(海外)コーディネーター。 (米国)ヒューストン大学美術史学科卒業(BA in Art History, Summa Cum Laude学士号)、(米国)セント・トーマス大学大学院リベラルアーツ美術史科卒業(MLA in Art History修士号) ヒューストン美術館ヨーロッパ美術部門にてインターンシップを経て、同美術館リサーチライブラリー勤務。ギャラリー勤務も経験。帰国後、2005年に「英語を使ってアートを学ぼう!」を立ち上げる。Wendy Wagner, Mark Williams, Lucinda Cobley他、日本エージェント。日本のアーティストの海外進出支援も行っている。香川県生まれ、サンフランシスコ育ち。「英語でアート!」(マール社)より2018年2月下旬発売(共著本)。
    close New
  • 【開催日】2018年9月2日(日)~と 10月9日(火)~
    <週末&平日昼間開催!>【宗教画と神話画のいろは】~リベラルアーツを英語で学ぶ~
    <週末&平日昼間開催!>【宗教画と神話画のいろは】~リベラルアーツを英語で学ぶ~

    イベントの詳細はこちら

    (日曜日コース)2018/09/02(日)より~
    (火曜日コース)2018/10/09(火)より~

    リベラルアーツ講座 英語で学ぶ西洋美術史
    ~How to Look at Religious and Mythological paintings 宗教画と神話画のいろは~

    < 西洋美術史を「英語」で学ぶことによって、「世界」が見えてくる。>

    西洋美術史は「リベラルアーツ」の知識をつけるのに、一番良い切り口。時代を超えて受け継がれてきた芸術や思想を学ぶことこそが情報過多な現代人に必要なのではないでしょうか。不必要な情報に振り回されず、しっかりとした「自分の価値観や軸」を創り上げていくには、古典を取り入れながら、それを現代へとつなげ、今の社会を生き抜く力を養うことが大切なのだと考えています。

    今回は3回に分けて、西洋美術の基本の“キ”であります、「宗教画」と「神話画」のいろはを取り上げ、絵画の“見方”につながるヒントを伝授いたします。各回講座の最後には、“現代人に役立つ聖書のことば”もご紹介します。☆英語初級~初中級者、美術史初心者向けの講座です。

    ■「聖書のしくみと宗教画」「ギリシャ神話画の世界」で取り上げること:

    <Part1 旧約聖書より>
    (聖書のしくみについて。“モーセの五書”よりいくつかのストーリーと絵画をピックアップ。旧約聖書はユダヤ教の正典でもあります。)

    <Part2 新約聖書より>
    (福音書より「キリストの生涯」のいくつかのストーリーと絵画をピックアップ。)

    <Part3 ギリシャ神話画>
    ギリシャ・ローマ神話の主要な神々をとりあげ、アトリビュートやストーリーを紹介します。)

    このような方におススメいたします;

    ●アートを通して、歴史、宗教、カルチャー、政治、哲学など西洋思想について幅広く学びたい。
    ●グローバルな視点で物事を考える習慣をつけたい。
    ●一般教養(リベラルアーツ力)を身につけたい。
    ●海外での美術館めぐり、美術館ガイドツアーをより楽しみたい。
    ●美術館の英語ボランティア・ガイドを目指している。
    ●好きなことを通して英語を勉強したい、視野を広めたい。

    【日付】 <日曜日コース>
    2018年09月02日(日)
    2018年09月30日(日)
    2018年10月14日(日)

    <火曜日コース>
    2018年10月09日(火)
    2018年10月30日(火)
    2018年11月20日(火)
    【時間】 <日曜日コース/火曜日コース>
    13:10~15:40(2時間30分)(途中休憩あり)

    <タイムテーブル>
    13:10~15:20 講義+Q&A

    15:20~15:40 現代人に役立つ聖書のことばご紹介。海外の美術館ツアーの話や、美術館サイトを使っての英語勉強法などご紹介。(時間の許す限り)
    【会場】 外苑前Crosscoop 2階会議室205号室map
    (メトロ外苑前駅3番出口より徒歩2分)
    【受講費】 <会員>
    (3回コース)9,000円x3 =27,000円(税込、資料代込)(事前振込制)
    (単発)10,000円 (税込、資料代込)(事前振込制)

    <初めての方>
    初めての方は入会金5,400円をプラスして下さい

    【定員】 8名(勉強会的な雰囲気で行います)
    【お申込み方法】 お申し込み・お問い合わせはこちら
    お名前フルネーム、ご職業、携帯電話番号と(PCと携帯の)メールアドレスをご明記下さい。
    • ※キャンセルポリシー:お振込み後払い戻し出来かねますのでご了承下さい。振替はございませんが、2019年に同じ講座を開催することがありましたら、ご見学いただいて結構です。今後ウェブでスケジュールをご確認の上、メールにてご予約下さい


    • *講師 宮本由紀プロフィール;
      Art Alliance代表。"英語でアート"講師歴13年。アート・エージェント、アート(海外)コーディネーター。 (米国)ヒューストン大学美術史学科卒業(BA in Art History, Summa Cum Laude学士号)、(米国)セント・トーマス大学大学院リベラルアーツ美術史科卒業(MLA in Art History修士号) ヒューストン美術館ヨーロッパ美術部門にてインターンシップを経て、同美術館リサーチライブラリー勤務。ギャラリー勤務も経験。帰国後、2005年に「英語を使ってアートを学ぼう!」を立ち上げる。Wendy Wagner, Mark Williams, Lucinda Cobley他、日本エージェント。日本のアーティストの海外進出支援も行っている。香川県生まれ、サンフランシスコ育ち。「英語でアート!」(マール社)より2018年2月下旬発売(共著本)。
    close

講座情報Course Information

美術史講座~英語を使ってアートを学ぼう!~

セミナー形式で西洋美術史を英語で学びます。

  • 企業・美大教員向けコース
    企業・美大教員向けコース
    国際化社会に対応する「真のグローバル・パーソン」として活躍する上で、リベラル・アーツを学ぶ事は、最も大切な課題です。
    リベラル・アーツ力と英語力のつくコースをご用意いたしました。 企業・美大教員向けコース詳細へ
  • プライベート向けコース
    プライベート向けコース
    • 宗教画と神話画のいろはコース
    • ルネサンスコース
    • 18世紀美術コース
    • 印象派コース
    プライベート向けコース詳細へ

アーティスト & 美大生のための英会話

「自分の作品を海外に発信したい!」と思われているアーティスト向け実践講座。一般のアート・ファンも受講いただけます。

メディア掲載Publishing

アクセスAccess

株式会社アート・アライアンス
〒107-0061
東京都港区青山2-7-26 Landwork青山ビル 2階
地下鉄銀座線外苑前より徒歩2分