「アート」を英語で
いて、して、んでみよう!

Art Allianceは「リベラル・アーツ」の知識と海外で通用する「英語力」の両方を身に付けるための新しいスタイルのスクールです。「西洋美術史」を通して、英語・英会話を学びます。外国人と対等に話し、コミュニケーションが取れる「グローバル・パーソン」を増やすことを目的としております。

  • Art Allianceが考える「リベラル・アーツを学ぶ目的」
英語でアート!

最新情報What's New

  • 【開催日】2018年9月2日(日)~と 10月9日(火)~
    <週末&平日昼間開催!>【宗教画と神話画のいろは】~リベラルアーツを英語で学ぶ~
    <週末&平日昼間開催!>【宗教画と神話画のいろは】~リベラルアーツを英語で学ぶ~

    イベントの詳細はこちら

    (日曜日コース)2018/09/02(日)より~
    (火曜日コース)2018/10/09(火)より~

    リベラルアーツ講座 英語で学ぶ西洋美術史
    ~How to Look at Religious and Mythological paintings 宗教画と神話画のいろは~

    < 西洋美術史を「英語」で学ぶことによって、「世界」が見えてくる。>

    西洋美術史は「リベラルアーツ」の知識をつけるのに、一番良い切り口。時代を超えて受け継がれてきた芸術や思想を学ぶことこそが情報過多な現代人に必要なのではないでしょうか。不必要な情報に振り回されず、しっかりとした「自分の価値観や軸」を創り上げていくには、古典を取り入れながら、それを現代へとつなげ、今の社会を生き抜く力を養うことが大切なのだと考えています。

    今回は3回に分けて、西洋美術の基本の“キ”であります、「宗教画」と「神話画」のいろはを取り上げ、絵画の“見方”につながるヒントを伝授いたします。各回講座の最後には、“現代人に役立つ聖書のことば”もご紹介します。☆英語初級~初中級者、美術史初心者向けの講座です。

    ■「聖書のしくみと宗教画」「ギリシャ神話画の世界」で取り上げること:

    <Part1 旧約聖書より>
    (聖書のしくみについて。“モーセの五書”よりいくつかのストーリーと絵画をピックアップ。旧約聖書はユダヤ教の正典でもあります。)

    <Part2 新約聖書より>
    (福音書より「キリストの生涯」のいくつかのストーリーと絵画をピックアップ。)

    <Part3 ギリシャ神話画>
    ギリシャ・ローマ神話の主要な神々をとりあげ、アトリビュートやストーリーを紹介します。)

    このような方におススメいたします;

    ●アートを通して、歴史、宗教、カルチャー、政治、哲学など西洋思想について幅広く学びたい。
    ●グローバルな視点で物事を考える習慣をつけたい。
    ●一般教養(リベラルアーツ力)を身につけたい。
    ●海外での美術館めぐり、美術館ガイドツアーをより楽しみたい。
    ●美術館の英語ボランティア・ガイドを目指している。
    ●好きなことを通して英語を勉強したい、視野を広めたい。

    【日付】 <日曜日コース>
    2018年09月02日(日)
    2018年09月30日(日)
    2018年10月14日(日)

    <火曜日コース>
    2018年10月09日(火)
    2018年10月30日(火)
    2018年11月20日(火)
    【時間】 <日曜日コース/火曜日コース>
    13:10~15:40(2時間30分)(途中休憩あり)

    <タイムテーブル>
    13:10~15:20 講義+Q&A

    15:20~15:40 現代人に役立つ聖書のことばご紹介。海外の美術館ツアーの話や、美術館サイトを使っての英語勉強法などご紹介。(時間の許す限り)
    【会場】 外苑前Crosscoop 2階会議室205号室map
    (メトロ外苑前駅3番出口より徒歩2分)
    【受講費】 <会員>
    (3回コース)9,000円x3 =27,000円(税込、資料代込)(事前振込制)
    (単発)10,000円 (税込、資料代込)(事前振込制)

    <初めての方>
    初めての方は入会金5,400円をプラスして下さい

    【定員】 8名(勉強会的な雰囲気で行います)
    【お申込み方法】 お申し込み・お問い合わせはこちら
    お名前フルネーム、ご職業、携帯電話番号と(PCと携帯の)メールアドレスをご明記下さい。
    • ※キャンセルポリシー:お振込み後払い戻し出来かねますのでご了承下さい。振替はございませんが、2019年に同じ講座を開催することがありましたら、ご見学いただいて結構です。今後ウェブでスケジュールをご確認の上、メールにてご予約下さい


    • *講師 宮本由紀プロフィール;
      Art Alliance代表。"英語でアート"講師歴13年。アート・エージェント、アート(海外)コーディネーター。 (米国)ヒューストン大学美術史学科卒業(BA in Art History, Summa Cum Laude学士号)、(米国)セント・トーマス大学大学院リベラルアーツ美術史科卒業(MLA in Art History修士号) ヒューストン美術館ヨーロッパ美術部門にてインターンシップを経て、同美術館リサーチライブラリー勤務。ギャラリー勤務も経験。帰国後、2005年に「英語を使ってアートを学ぼう!」を立ち上げる。Wendy Wagner, Mark Williams, Lucinda Cobley他、日本エージェント。日本のアーティストの海外進出支援も行っている。香川県生まれ、サンフランシスコ育ち。「英語でアート!」(マール社)より2018年2月下旬発売(共著本)。
    close New
  • 【開催日】2018年11月4日(日)~と 12月11日(火)~
    <週末&平日昼間開催!>【ルネサンス・コース】~英語で学ぶ西洋美術史~
    <週末&平日昼間開催!>【ルネサンス・コース】~英語で学ぶ西洋美術史~

    イベントの詳細はこちら

    (日曜日コース)2018/11/04(日)より~
    (火曜日コース)2018/12/11(火)より~

    英語で学ぶ西洋美術史
    ~ルネサンス・コース(日曜日午後コース/火曜日昼間コース)~

    < 西洋美術史を「英語」で学ぶことによって、「世界」が見えてくる。>

    西洋美術史は「リベラルアーツ」の知識をつけるのに、一番良い切り口。時代を超えて受け継がれてきた芸術や思想を学ぶことこそが情報過多な現代人に必要なのではないでしょうか。不必要な情報に振り回されず、しっかりとした「自分の価値観や軸」を創り上げていくには、古典を取り入れながら、それを現代へとつなげ、今の社会を生き抜く力を養うことが大切なのだと考えています。

    11月&12月より、西洋美術史の基本となります「ルネサンス」の3大巨匠を取り上げます。講義中心ではありますが、毎回ディスカッションのコーナーも設けます。(ディスカッション・テーマは事前にお送りします。当日は英語、日本語、どちらでお答えいただいても結構です)

    英語初級~初中級者、美術史初心者向けの講座です。

    <日曜日コース>

    <前期>
    (1)11月04日 「ダヴィンチ(1)」
    (2)11月25日 「ダヴィンチ(2)」
    (3)12月16日 「ミケランジェロ(彫刻編)」
    (4)2019年01月13日 「ミケランジェロ(壁画編)」

    <後期>
    (5)02月03日 「ラファエロ(イーゼル画編)」
    (6)02月24日 「ラファエロ(壁画編)」
    (7)03月17日 「ヴェネチア派」
    (8)04月07日 「北方ルネサンス」

    <火曜日コース>

    <前期>
    (1)12月11日 「ダヴィンチ(1)」
    (2)2019年01月15日 「ダヴィンチ(2)」
    (3)02月05日 「ミケランジェロ(彫刻編)」
    (4)02月26日 「ミケランジェロ(壁画編)」

    <後期>
    (5)03月19日 「ラファエロ(イーゼル画編)」
    (6)04月16日 「ラファエロ(壁画編)」
    (7)05月07日 「ヴェネチア派」
    (8)06月04日 「北方ルネサンス」(→仮日程・2018年末に確定します)

    【日付】 <日曜日コース>
    2018年11月14日(日)
    2018年11月25日(日)
    2018年12月16日(日)
    2019年01月13日(日)
    2019年02月03日(日)
    2019年02月24日(日)
    2019年03月17日(日)
    2019年04月07日(日)

    <火曜日コース>
    2018年12月11日(火)
    2019年01月15日(火)
    2019年02月05日(火)
    2019年02月26日(火)
    2019年03月19日(火)
    2019年04月16日(火)
    2019年05月07日(火)
    2019年06月04日(火)

    *2019/6/4は仮日程のため2018年末に確定いたします
    【時間】 <日曜日コース/火曜日コース>
    13:10~15:40(2時間30分)(途中休憩あり)

    講義後、時間が余った場合は、海外の美術館ツアーの話や、美術館サイトを使っての英語勉強法などご紹介。
    【会場】 外苑前Crosscoop 2階会議室205号室map
    (メトロ外苑前駅3番出口より徒歩2分)
    【受講費】 <会員>
    (前期4回) 8,000円x 4 =32,000円(税込、資料代込)(事前振込制)
    (後期4回) 8,000円x 4 =32,000円(税込、資料代込)(事前振込制)
    (単発)9,000円 (税込、資料代込)(事前振込制)

    <初めての方>
    初めての方は入会金5,400円をプラスして下さい

    【定員】 8名(勉強会的な雰囲気で行います)
    【お申込み方法】 お申し込み・お問い合わせはこちら
    お名前フルネーム、ご職業、携帯電話番号と(PCと携帯の)メールアドレスをご明記下さい。
    • ※キャンセルポリシー:お振込み後払い戻し出来かねますのでご了承下さい。振替はございませんが、2019年に同じ講座を開催することがありましたら、ご見学いただいて結構です。今後ウェブでスケジュールをご確認の上、メールにてご予約下さい


    • *講師 宮本由紀プロフィール;
      Art Alliance代表。"英語でアート"講師歴13年。アート・エージェント、アート(海外)コーディネーター。 (米国)ヒューストン大学美術史学科卒業(BA in Art History, Summa Cum Laude学士号)、(米国)セント・トーマス大学大学院リベラルアーツ美術史科卒業(MLA in Art History修士号) ヒューストン美術館ヨーロッパ美術部門にてインターンシップを経て、同美術館リサーチライブラリー勤務。ギャラリー勤務も経験。帰国後、2005年に「英語を使ってアートを学ぼう!」を立ち上げる。Wendy Wagner, Mark Williams, Lucinda Cobley他、日本エージェント。日本のアーティストの海外進出支援も行っている。香川県生まれ、サンフランシスコ育ち。「英語でアート!」(マール社)より2018年2月下旬発売(共著本)。
    close New
  • 【開催日】2018年8月5日(日)と 8月26日(日)
    「美術の基礎英語」★週末集中講座!」~英語ボランティア・ガイド、アーティスト、ギャラリスト、アート・ファン向け~
    「美術の基礎英語」★週末集中講座!」~英語ボランティア・ガイド、アーティスト、ギャラリスト、アート・ファン向け~

    イベントの詳細はこちら

    【開催日】2018/8/5(日)と2018/8/26(日)13:10~16:00

    美術の基礎英語★週末集中講座!
    ~英語ボランティア・ガイド、アーティスト、ギャラリスト、アート・ファン向け~

    通常、美術館ボランティアガイドやアーティスト向けに開催している美術英語の基礎講座を2日に集約して開催いたします。(6回分+αの講座を2回にまとめます)

    アートを語るためには、まず、線、形、色についてのアート用語や表現方法を知るところから始まります。英語でコミュニケーションを取りながら学びます(英会話初級レベル)。ガイドやアーティスト以外の一般の方にもお受けいただけます。また、日曜日の午後開催ですので、遠方の方にもご参加いただけます。

    このような方におススメいたします;

    ●美術館のエデュケーター(英語ボランティア・ガイド)になる方。
    ●海外での美術館めぐり、美術館ガイドツアーをより楽しみたい。
    ●これから海外での活動を視野に入れているアーティスト、イラストレーター、グラフィック・デザイナーの方。
    ●自分(あるいは他人)の作品について英語で話せるようになりたい方。
    ●外国人アーティストやコレクターとコミュニケーションを取る必要のあるギャラリストやアート関係者。
    ●アート留学や、「英語で西洋美術史」受講の準備をされたい方。

    今回は<アートを英語で話すための基礎知識>を英語でコミュニケーションを取りながら学びます。英語初級レベルの方。(スライドと資料は対訳付です)

    (1)*2018年8月5日(日)
    Elements of Art(1)★アートの基礎英語;線、形、構図、筆遣いの表現

    (2)*2018年8月26日(日)
    Elements of Art(2)★アートの基礎英語;色の表現と他テーマ別;風景画、肖像画、静物画、抽象画、写真の表現

    【日付】 2018年8月5日(日)と 8月26日(日)
    【時間】 13:10~16:00(2時間50分、途中休憩有)

    <各クラス タイムテーブル>;
    *13:10~15:30 アートの基礎英語;線、形、構図、筆遣いの表現(会話形式で進めます。途中休憩入れます。)

    *15:30~16:00 美術英語勉強法、Q&A など。
    【会場】 外苑前Crosscoop 2階会議室205号室map
    (メトロ外苑前駅3番出口より徒歩2分)
    【受講費】 <会員>
    *基礎(1)&(2)お申し込み=合計32,400円 /内訳:(15,000円+消費税の2クラス分)(当日配布資料代込み)

    *基礎(1)のみ、あるいは(2)のみ=合計17,280円 (当日配布資料代込み)

    <一般・ビジター>
    *基礎(1)&(2)お申し込み=合計36,720円 /内訳:(17,000円+消費税の2クラス分)(当日配布資料代込み)

    *基礎(1)のみ、あるいは(2)のみ=合計19,440円 (当日配布資料代込み)

    (これを機に会員になる方は、会員料金+入会金5400円)

    【定員】 6名
    【お申込み方法】 お申し込み・お問い合わせはこちら
    お名前フルネーム、ご職業、携帯電話番号と(PCと携帯の)メールアドレスをご明記下さい。
    • ※キャンセルポリシー:お振込後のキャンセルはご返金いたしかねます。振替はございませんが、2019年に同講座が開催となった場合、ご見学いただけます。ウェブでスケジュールをご確認の上、メールにてご予約下さい。


    • *講師 宮本由紀プロフィール;
      Art Alliance代表。"英語でアート"講師歴13年。アート・エージェント、アート(海外)コーディネーター。 (米国)ヒューストン大学美術史学科卒業(BA in Art History, Summa Cum Laude学士号)、(米国)セント・トーマス大学大学院リベラルアーツ美術史科卒業(MLA in Art History修士号) ヒューストン美術館ヨーロッパ美術部門にてインターンシップを経て、同美術館リサーチライブラリー勤務。ギャラリー勤務も経験。帰国後、2005年に「英語を使ってアートを学ぼう!」を立ち上げる。Wendy Wagner, Mark Williams, Lucinda Cobley他、日本エージェント。日本のアーティストの海外進出支援も行っている。香川県生まれ、サンフランシスコ育ち。「英語でアート!」(マール社)より2018年2月下旬発売(共著本)。
    close New
  • 【開催日】2018年9月6日(木)~
    <平日開催!>【アーティスト&アート・ファンのための「英語対話型鑑賞」コース
    <平日開催!>【アーティスト&アート・ファンのための「英語対話型鑑賞」コース

    イベントの詳細はこちら

    【開催日】2018年9月6日・9月20日・10月11日・11月1日・11月22日・12月6日(全て木曜日)19:10~20:50

    アーティスト&アート・ファンのための“英語対話型鑑賞”コース

    毎クラス、作品を2~3ピックアップして(現代のもの1~2点、そして古典的な絵画を1点)、それについてディスカッションします。アート英語表現力、観察力、洞察力、発想力が同時に磨かれる講座。英語で対話型にすることによって、美術用語の語彙やフレーズ習得にも役に立つはず。また、「英語でアート!」本より、毎回美術用語を1つピックアップし、シチュエーション英会話的なコーナーも設けます。作品を作る側、観る側双方にとって学びになることを目標とします。

    アーティストで、自分の作品を題材にして欲しいという方はお申込みの際、そのように書いていただけますでしょうか。絵画、写真、立体。。なんでもOKです。

    *英語レベル初級~初中級 アダム先生メイン、宮本サブで入ります。。

    【日付】 2018年9月6日・9月20日・10月11日・11月1日・11月22日・12月6日(全て木曜日)
    【時間】 19:10~20:50
    【会場】 外苑前Crosscoop 2階会議室205号室map
    (メトロ外苑前駅3番出口より徒歩2分)
    【受講費】 <会員>
    4,860円 (4,500円+消費税/資料代込)×6=29,160円

    *会員ではない方は上記+入会金5400円。(34,560円)
    *単発受講はございません。
    【定員】 9名
    【お申込み方法】 お申し込み・お問い合わせはこちら
    お名前フルネーム、ご職業、携帯電話番号と(PCと携帯の)メールアドレスをご明記下さい。
    • ※キャンセルポリシー:お振込み後は払い戻し出来かねますのでご了承下さい。振替はございません。


    • Adam Hosmer (アダム・ホズマー);
      アメリカ・ボストン生まれ。アーティスト、写真家、都内インターナショナル・スクールで“英語でアート”講師。ボストンのニューイングランド音楽院(New England Conservatory of Music)で学士号、東京藝術大学の先端芸術で修士号を取得。アメリカ、日本での個展多数。キャノン写真新世紀優秀賞受賞者。
    • *講師 宮本由紀プロフィール;
      Art Alliance代表。"英語でアート"講師歴13年。アート・エージェント、アート(海外)コーディネーター。 (米国)ヒューストン大学美術史学科卒業(BA in Art History, Summa Cum Laude学士号)、(米国)セント・トーマス大学大学院リベラルアーツ美術史科卒業(MLA in Art History修士号) ヒューストン美術館ヨーロッパ美術部門にてインターンシップを経て、同美術館リサーチライブラリー勤務。ギャラリー勤務も経験。帰国後、2005年に「英語を使ってアートを学ぼう!」を立ち上げる。Wendy Wagner, Mark Williams, Lucinda Cobley他、日本エージェント。日本のアーティストの海外進出支援も行っている。香川県生まれ、サンフランシスコ育ち。「英語でアート!」(マール社)より2018年2月下旬発売(共著本)。
    close New
  • 【開催日】2018年7月25日(水)と 8月29日(水)
    【リベラルアーツを英語で学ぶ】~聖書のしくみと宗教画のいろは~
    【リベラルアーツを英語で学ぶ】~聖書のしくみと宗教画のいろは~<

    イベントの詳細はこちら

    【開催日】2018/7/25(水)と2018/8/29(水)19:10~21:40

    リベラル・アーツを英語で学ぶ
    ~The Bible & How to Look at Religious Paintings 聖書のしくみと宗教画のいろは ~

    < 西洋美術史を「英語」で学ぶことによって、「世界」が見えてくる。>

    西洋美術史は「リベラルアーツ」の知識をつけるのに、一番良い切り口。時代を超えて受け継がれてきた芸術や思想を学ぶことこそが情報過多な現代人、特にビジネス・パーソンに必要なのではないでしょうか。不必要な情報に振り回されず、しっかりとした「自分の価値観や軸」を創り上げていくには、古典を取り入れながら、それを現代へとつなげ、今の社会を生き抜く力を養うことが大切なのだと考えています。

    今回は前期・後期とに分けて、西洋美術の基本の“キ”であります、「宗教画」のいろはを取り上げ、キリスト教絵画の“見方”につながるヒントはもちろん、講師がアメリカ在住時代に体験してきたユダヤ系やキリスト教の方々との仕事や交流を通して感じたことなどを聖書のフレーズとともにご紹介いたします。☆英語初級~初中級者、美術史初心者向けの講座です。

    ■「聖書のしくみと宗教画のいろは」で取り上げること:

    <前編>
    聖書(旧約、新約)のしくみ。旧約聖書“モーセの五書”よりいくつかのストーリーと絵画をピックアップ。(旧約聖書はユダヤ教の正典でもあります)

    <後編>
    新約聖書の福音書「キリストの生涯」よりいくつかのストーリーと絵画をピックアップ。

    *現代人に役立つ聖書のことばをご紹介します。(各講座最後10分)

    このような方におススメいたします;

    ●アートを通して、歴史、宗教、カルチャー、政治、哲学など西洋思想について幅広く学びたい方。
    ●グローバルな視点で物事を考える習慣をつけたい方。
    ●一般教養(リベラルアーツ力)を身につけたい方。
    ●海外での美術館めぐり、美術館ガイドツアーをより楽しみたい。
    ●好きなことを通して英語を勉強したい、視野を広めたい。

    【日付】 2018年7月25日(水)と 8月29日(水)
    【時間】 (前編Part1/後編Part2) 19:10~21:40(2時間30分)(途中休憩あり)
    【会場】 外苑前Crosscoop 2階会議室205号室map
    (メトロ外苑前駅3番出口より徒歩2分)
    【受講費】 <会員>
    (前編/後編受講)9,000円x2=18,000円(税込、資料代込)(事前振込制)
    (単発)10,000円 (税込、資料代込)(事前振込制)

    <ビジター・一般>
    (前編/後編受講)11,000円x2=22,000円(税込、資料代込)(事前振込制)
    (単発)12,000円 (税込、資料代込)(事前振込制)

    (一般の方で、これを機に会員になる方は会員料金+入会金5,400円をプラスして下さい)

    【定員】 8名(勉強会的な雰囲気で行います)
    【お申込み方法】 お申し込み・お問い合わせはこちら
    お名前フルネーム、ご職業、携帯電話番号と(PCと携帯の)メールアドレスをご明記下さい。
    • ※キャンセルポリシー:お振込み後は払い戻し出来かねますのでご了承下さい。振替はございません。


    • *講師 宮本由紀プロフィール;
      Art Alliance代表。"英語でアート"講師歴13年。アート・エージェント、アート(海外)コーディネーター。 (米国)ヒューストン大学美術史学科卒業(BA in Art History, Summa Cum Laude学士号)、(米国)セント・トーマス大学大学院リベラルアーツ美術史科卒業(MLA in Art History修士号) ヒューストン美術館ヨーロッパ美術部門にてインターンシップを経て、同美術館リサーチライブラリー勤務。ギャラリー勤務も経験。帰国後、2005年に「英語を使ってアートを学ぼう!」を立ち上げる。Wendy Wagner, Mark Williams, Lucinda Cobley他、日本エージェント。日本のアーティストの海外進出支援も行っている。香川県生まれ、サンフランシスコ育ち。「英語でアート!」(マール社)より2018年2月下旬発売(共著本)。
    close New
  • 【開催日】2018年9月4日(火)
    【ジョットの壁画を英語で読む会】」~英語で学ぶ西洋美術史~
    【ジョットの壁画を英語で読む会】」~英語で学ぶ西洋美術史~

    イベントの詳細はこちら

    【開催日】2018年9月4日(火)13:10~15:20

    英語で学ぶ西洋美術史
    ~ジョットの壁画を英語で読む会~

    西洋絵画のはじまりはジョット(Giotto) から。。と言われるくらい、中世とルネサンスのかけ橋的な存在だったジョット。この講座ではアッシジの聖フランチェスコ大聖堂の壁画、「フランチェスコの生涯」を詳しく見て行きます。(尚、大聖堂の作品は画家のAttributionとされています)

    今回はいつもの講座スタイルを離れ、オールカラー資料をもとにクラスを進めてまいります。皆様にも一部テキストをお読みいただき、英文を訳しながら、講師が解説いたします。

    将来、アッシジへ行ってみたい!(あるいは、行ったけれど、絵画の意味がよくわからなかった)と言う方には特にお勧めしたい講座です。

    【日付】 2018年9月4日(火)
    【時間】 13:10~15:20
    (13:10~15:10 講座/15:10~15:20 Q&A)
    【会場】 外苑前Crosscoop 2階会議室205号室map
    (メトロ外苑前駅3番出口より徒歩2分)
    【受講費】 <会員>
    7,000円 (内訳6,400円+カラー資料600円)(税込)(事前振込制)

    <一般>
    一般の方は入会金+5,400円かかります。

    【定員】 8名
    【お申込み方法】 お申し込み・お問い合わせはこちら
    お名前フルネーム、ご職業、携帯電話番号と(PCと携帯の)メールアドレスをご明記下さい。
    • ※キャンセルポリシー:お振込み後は払い戻し出来かねますのでご了承下さい。振替はございません。


    • *講師 宮本由紀プロフィール;
      Art Alliance代表。"英語でアート"講師歴13年。アート・エージェント、アート(海外)コーディネーター。 (米国)ヒューストン大学美術史学科卒業(BA in Art History, Summa Cum Laude学士号)、(米国)セント・トーマス大学大学院リベラルアーツ美術史科卒業(MLA in Art History修士号) ヒューストン美術館ヨーロッパ美術部門にてインターンシップを経て、同美術館リサーチライブラリー勤務。ギャラリー勤務も経験。帰国後、2005年に「英語を使ってアートを学ぼう!」を立ち上げる。Wendy Wagner, Mark Williams, Lucinda Cobley他、日本エージェント。日本のアーティストの海外進出支援も行っている。香川県生まれ、サンフランシスコ育ち。「英語でアート!」(マール社)より2018年2月下旬発売(共著本)。
    close New
  • 【開催日】2018年9月25日(火)
    【ポロックと抽象表現主義】」~英語で学ぶ西洋美術史~
    【ポロックと抽象表現主義】」~英語で学ぶ西洋美術史~

    イベントの詳細はこちら

    【開催日】2018年9月25日(火)13:10~15:20

    英語で学ぶ西洋美術史
    ~ポロックと抽象表現主義~

    アメリカで20世紀半ばに活躍をした抽象表現主義(Abstract Expressionism)を代表するアーティスト、ジャクソン・ポロック。。キャンバスを床に平に置いて、上から絵具を垂らしながら描いてゆくという斬新な技法を用いました。また、彼は絵画のみならず、その波乱万丈な人生も伝説となっているくらい、アメリカでは今でもヒーロー的存在として扱われております。ポロックを中心に、マーク・ロスコなど、他の抽象表現主義のアーティストの作品と言葉に触れながら20世紀のアメリカン・アートを見ていきます。

    【日付】 2018年9月25日(火)
    【時間】 13:10~15:20
    (13:10~15:10 講座/15:10~15:20 Q&A)
    【会場】 外苑前Crosscoop 2階会議室205号室map
    (メトロ外苑前駅3番出口より徒歩2分)
    【受講費】 <会員>
    6,000円(税込・資料代込)(事前振込制)

    <一般>
    一般の方は入会金+5,400円かかります。

    【定員】 8名
    【お申込み方法】 お申し込み・お問い合わせはこちら
    お名前フルネーム、ご職業、携帯電話番号と(PCと携帯の)メールアドレスをご明記下さい。
    • ※キャンセルポリシー:お振込み後は払い戻し出来かねますのでご了承下さい。振替はございません。


    • *講師 宮本由紀プロフィール;
      Art Alliance代表。"英語でアート"講師歴13年。アート・エージェント、アート(海外)コーディネーター。 (米国)ヒューストン大学美術史学科卒業(BA in Art History, Summa Cum Laude学士号)、(米国)セント・トーマス大学大学院リベラルアーツ美術史科卒業(MLA in Art History修士号) ヒューストン美術館ヨーロッパ美術部門にてインターンシップを経て、同美術館リサーチライブラリー勤務。ギャラリー勤務も経験。帰国後、2005年に「英語を使ってアートを学ぼう!」を立ち上げる。Wendy Wagner, Mark Williams, Lucinda Cobley他、日本エージェント。日本のアーティストの海外進出支援も行っている。香川県生まれ、サンフランシスコ育ち。「英語でアート!」(マール社)より2018年2月下旬発売(共著本)。
    close New

講座情報Course Information

美術史講座~英語を使ってアートを学ぼう!~

セミナー形式で西洋美術史を英語で学びます。

  • 企業・美大教員向けコース
    企業・美大教員向けコース
    国際化社会に対応する「真のグローバル・パーソン」として活躍する上で、リベラル・アーツを学ぶ事は、最も大切な課題です。
    リベラル・アーツ力と英語力のつくコースをご用意いたしました。 企業・美大教員向けコース詳細へ
  • プライベート・グループ向けコース
    プライベート・グループ向けコース
    • 宗教画と神話画のいろはコース
    • ルネサンスコース
    • 18世紀美術コース
    • 印象派コース
    プライベート・グループ向けコース詳細へ

アーティスト & 美大生のための英会話

「自分の作品を海外に発信したい!」と思われているアーティスト向け実践講座。一般のアート・ファンも受講いただけます。

メディア掲載Publishing

アクセスAccess

株式会社アート・アライアンス
〒107-0061
東京都港区青山2-7-26 Landwork青山ビル 2階
地下鉄銀座線外苑前より徒歩2分